2020年2月24日

メルボルンにて

1週間ちょっと仕事でメルボルンに行ってました。書いてることは Twitter のツイート+α程度です。

フライト
何年か前、機内設備でチェスが出来ましたが大して強くありませんでした。現状はどんなものなのか調べてみると、なんと、ナイトのアイコンを使っているくせに選択肢にチェスが無い ...


職場
現地の私の同僚はレーティング1900~2000。オフィスに盤駒を常備していますが、オフィス内に相手になる人がいません。時間があれば彼と対局するつもりでしたが今回はとてもそんな余裕はありませんでした。



Melbourne Chess Club
ここを訪れるのは実は2回目。前回が相当昔だったようで(2008年以前)現在のブログにその記事がありません。Melbourne Chess Clubはメルボルン市内から歩くと時間がかかることは覚えていたし、仕事が終わった後に寄るしかないので、行くならトラム(路面電車)と決めていました。そう決めてはいたものの下調べをしている暇もなかったので切符(ICカード)を買うことから乗るべきトラムを探すことまですべて行き当たりばったり。


着いた時は平日の20時過ぎで、ブリッツの大会中。主催者もプレーしていたため、ラウンドの合間に本の置いてある部屋の鍵を開けてもらうのがやっとでした。


「古い本しかないよ」と言われましたが、本当でした。前回来た時よりも古いんじゃないかと思うくらい。しかし、ここまで来て手ぶらでは帰りたくないので古くてもあまり関係ない本を買いました: First Theories of Hexagonal Chess。AUD 2.00。日本円で150円くらい。この本を読むことは多分ないと思いますが記念品なので問題ありません。


ブリッツが終わると参加者はささっと帰りました。平日の夜にカジュアルにブリッツの大会が出来る環境は羨ましいですね。

図書館
昨年末にメルボルンの大学を訪れたチェスプレーヤーが大学の図書館にチェスの本がたくさんあるとツイートしていたのを覚えていたので、メルボルン市立図書館に行ってみました。が、置いてあったのはたったの3冊で、Minecraft より少ない ...

2019年12月15日

Christmas Chess Party!

45分+10秒/1手。自分の持ち時間が5分を切ったら棋譜をとる義務はなくなりますが、そうなったらほぼ blitz なので自分としては避けたい状況です。しかし、棋譜をとるのが嫌だからあえて5分を切らせるという考え方もあるようです。

1ラウンド目。黒。S君。Accelerated Queen's Indian。


ここでは自分でも全然見つけられるレベルの 12...Bxf3 13.Qxf3 Qc7 を見落としていました。


ついさっきまで自分のビショップ2つが相手キングを向いていて良い気分だったのにどうしてこうなってしまったのか。単純に 16...Ne8 と逃げたりすると、17.Bxh7+ Kxh7 18.Ng5+ の Greek gift で殺されると思ったので先に 16...Bxf3 を入れました。しかし、自分の悲観とは異なりコンピュータのこの局面の評価はなんと -1.76。黒の方が良いと。しかし、それはベストムーブである 16...Nxe5 を指した場合の話。16...Nxe5 がベストって言われてもどうしてそれが良い手なのかさっぱり分かりません。


白の手はこれ(20.Bg5)しか読んでいませんでした。ここでクイーンが逃げたら、21.Bf6 にしろ 21.Nf6 にしろ負けると思っていたので 20...f6。しかし、20...Qb6 がベストだったようです。


もう絶対ダメだと感じた手。Re7 で the end です。負け。
-----

2ラウンド目。白。チェスを始めたばかり大学1年生。1.d4 対策はまだなかったと言ってましたが、予想と異なる手を指されるのでかえってやりにくかったです。しかも、負けるわけにはいかないという妙なプレッシャー付き。


12.e4 を突く準備の 11.Nd2 でしたが、コンピュータには不評な手で局面評価がマイナスに転じました。今すぐ 11.e4 がベストだったようですが、それだと 11...dxe4 12.Bxe4 Nxe4 でビショップがいなくなるので嫌ですね。


展開を無かったことにするこの手で局面評価は -1.60。黒に isolated pawn があるにもかかわらず、ポーン1個以上損しているのは白の方という悲しい評価。


ここから反撃。Discovered attack です。この2手後にピンのことを忘れてしまった黒がうっかり 21...dxe4 を指してしまいましたが、ナイト+ルークとクイーンの交換(22.Rxd8 Rxd8)はそんなに悪いトレードではなかったようです。しかし、それはあくまでもコンピュータ視点の話であり、人間達は「しまった!」もしくは「ラッキー!」って考えてます。


こうなったら僕でもメイトできます。勝ち。
-----

3ラウンド目。黒。M君。Scandinavian。

相手は僕よりレーティングは200以上高いし、白番だし、本来ならアグレッシブにがしがし攻めてきそうなものです。しかし、5手目までに10分も使っているし、指す手が消極的でした。以下の 13.Bf4-h2 なんかはその典型。



...Ne7-g6-e7 を繰り返して(白は Qf5-e5-f5)threefold のドロー。

体調が良くなかったそうです。そうでなかったら格下相手にこんな簡単にドローになんかしませんよね。
-----

4ラウンド目。白。池上のチェスセンターがあった頃、小島君のレクチャーで何度も会ったFさん。対局は初めてです。Slav。


29...Rxc1 は予期していた手で、取られたルークを取り返せるようにわざわざ a3 にビショップを置いていたくらいなのでほぼノータイムで 30.Bxc1 を指しましたが 30.b7 を見落としていました。


ここでドローオファー。逆色ビショップだし、ドローだと思っていましたが、あっさり蹴られました。


このあたりは棋譜の正確性に自信がありませんが(特に白キングの位置)だいたいこんな感じでした。2手後にリザイン。
-----

私は1勝2敗1分で1.5ポイント。まあまあの成績です。

優勝した小笠さんは優勝は30年ぶりだそうです。長くやってれば優勝のチャンスはあると仰ってましたが、それは「若い頃(≒学生の頃)からチェスを指している人ならば」という条件が付くと思います。30年前に既に優勝できるだけの実力があったわけだからその底力が残っているのでしょう。羨しい。
-----


駒が自動で動くチェスセットのデモがありました。駒は小さめですが、それは駒が他の駒の間をすり抜けて動けるように(キャスリングの時とか)そうなっているのでしょう。また、駒は1つずつ動くようです。リセットの時は駒が一斉に動くのかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。記事は こちら

2019年11月23日

世田谷チェスリーグ第5セッション


9ラウンド目。黒。初対局のS君。Scandinavian。

1番ボードでしたが今回はライブ配信はなかったようです。


この 10.a3 は次に 11.Bf5 としてクイーンをトラップしようとする罠だと思いました(実際には 11...e5 で受けられるみたいですが)。10...Qc7 で逃げ道を確保。


ここは 20...e4 21.Nxe4 Rxe4 22.Rxe4 Nc5 まで考えたのに、脳内イメージでは等価交換になると勘違いして指しませんでした。が、本来は良い手のはずでした。本譜は 20...exd4


ここで1回目のドローオファー。却下されました。


ここで合意のドロー。相手は力を付けてきている若者で負かされると思っていたのでドローでも嬉しかったです。実際、コンピュータの評価は 0.00 でした。
-----

10ラウンド目。白。初対局のSさん。QGD系。


以前 blitz で似たような局面で 7.Bxc4 をしたら、7.Qxb7 の方が良いと指摘されたのを覚えていて、それが役に立ちました。こういうbポーンを取っても、例えば、...Rb8 と当てられ、クイーンが逃げて ...Rxb2 と取り返されるケースもありますが、ここは幸い c1 にビショップがいるので b2 が取られることはありません。そして、c4 のポーンを取り返すのはそんなに難しそうには見えません。


10.Ne5+ を入れられたことにより想像していたよりも楽に c4 のポーンが取れます。


この 20.h5 は相手をメイトする準備でした。例えば、20...Rb8 のような無駄な手を指したら、21.e5+ Kf5 22.Bd3# で詰ませられると期待していました。しかし、20...Nc6 で逃げ道を作られてしまい、ガッカリ。


この直後に黒がブランダー。結果的にピースが落ち、黒がリザイン。
-----

第4セッションだけ参加できませんでしたが、それを除いた私の成績は3勝3敗2分で4.0ポイント。5位でした。

NCS以外のチェスクラブがFIDEレート戦を始めたという意味では世田谷チェスリーグは画期的でした。NCSの前のJCAの時代には到底考えれませんでしたね。

2019年11月4日

Japan Open 2019 4日目

6ラウンド目。白。Dさん。Colle。

過去の3戦はすべて負けています。


相手が ...e6 を突くか、白マスのビショップが ...Bg4 もしくは ...Bf5 に出てくるのを見てから自分のビショップを d3 に出すかどうか決めようとしているので(キャスリングはその後)1手前の 3...a6 やこの 4...c5 のようにのらりくらりした手だと対応に悩みます。ここでベストな手は 5.dxc5 だったようですが、その手は考えもしませんでした。dxc5 は b2 にビショップがいて斜めの利きが通る時にしか指さないので、臨機応変さに欠けているのを感じます。


出来れば、次、18.Bb6 で串刺しにしようと思っていましたがバレました。17...b5。しかし、それでもポーンは取れます。18.Bxf6 Bxf6 19.Bxd5


その後、相手の勘違いにより exchange up になり、さらに rook up になりました。それだけもらえれば私でも勝てます。以下がゲーム終了時の局面。


検討戦では相手がプランを次から次にポンポン思い付くのに驚かされました。私なんてプラン1つ捻り出すのに相当苦労するのに ...。
-----

7ラウンド目。黒。Aさん。5年前に新潟で当たって以来、2回目です。

1.d4 に対して Queen's Indian にするつもりで 1...Nf6 2.c4 b6 3.Nf3 e6 と指していたのですが、Colle の白黒逆バージョンにすることが出来てとても指しやすくなりました。1手損はしているはずですが。



読むのが面倒な局面。このあたりのやりとりはコンピュータに分析させると白も黒も不正確な手が多いのですが、13...Nxe5 の後の 14.fxe4(下)が一番良くなかったようです。しかし、白にとってはfファイルが開くので良い手だと思っていました。

14...Nxd3 15.Qxd3 dxe4 16.Nxe4

ここでタクティクスを発見。16...Bxh2+ 17.Kxh2 Qh4+ 18.Kg1

e4 のナイトを取る際はクイーンで取ると逆色ビショップのエンドゲームになりかねない(せっかくイニシャティブを掴んでいるのでドローにはしたくない)のでビショップで取りました。


悩んでいたのはどうやったら2つのルークを攻撃に参加させることができるのかです。仮に相手の駒が静止していたとしても、...Rf8-f6-h6、...Qh2-Qh1 ってかなりの手順がかかりますから、実際はその間に何かしらの対処が間に合ってしまいそうです。そこで思いついたのが d 列からの突破。しかし、その準備のための 23...Rfe8 は解析だとブランダー扱いで、...Rf8-f6-h6 ルートの方が良かったそうです。しかし、そうとは知らなかったので作戦決行。24.Bb2 cxd4 25.exd4 e5 26.d5
最初はここで 26...b5 を突くつもりだったのですが、白はそんなポーンは無視できますし、e3 のポーンをどかしてしまったミスに気付きました。これだと白は Qc3 で g3 にいる私のクイーンを追い払うことが出来ます。そこで作戦変更。やっぱりh列にルークを廻すことに ...。26...Rd6

私が恐れていたことは threefold(同一局面3回)にしてしまうこと、それと、ルークかクイーンを交換されてしまうこと。しかし、時間的に苦しくなった白がミスしてくれました。

34.Kg1 ならまだ耐えられていた(というか私がどう攻めればいいのか分からない)と思うのですが 34.Rf3 は最低でも exchange up が保証されます。しかし、出来ればもっと大きなアドバンテージが欲しいと欲張りました。34...Bxf3 35.Qxf3 Rh1+ 36.Kf2 Qh4+

e1のルークが取られる前に白がリザイン。

指している間はお互いにまともな手を指していたと思っていたのですがコンピュータの解析だとどちらも不正確な手がわんさか。唖然としました。
-----

今朝まで強制BYEを回避するために頑張っていたくらいなので成績は悪いだろうと思っていたのですが、2勝3敗2分の3ポイントは入賞まであと一歩の成績でした。少し意外。

新バッジ、買いました。以前のと違いは名称が入っていることです。

2019年11月3日

Japan Open 2019 3日目

4ラウンド目。白。初対局のNさん。Dutch。

最初のうちはそこそこ上手く指していたんですが、全体の評価のグラフを見るとこんな感じです。

評価が黒くなったのはこのブランダー(17.Re1?)のせい。

一見、c2のマスはビショップに守られているように見えますが、そんなビショップは 17...c4 で簡単に排除できることに指した直後に気が付きました。相手も当然気付いてすぐにその手を指してきます。ここでベストな対応は 18.Bxc4 Nxc2 19.Be3 だったようですが、ブランダーで動揺しており間髪をいれずに 18.c3? というミスを重ねてしまい 18...Nb3 で本来ならば exchange down で済むべきところを piece down にしてしまいました。


ピースを幾つかほぼ強制交換させられた結果、上のようになりました。駒の等価交換を最後まで進められれば、ポーン対ビショップが残り理屈上はドローですが、かなり厳しいです。

頑張ってここまで来ました。相手がミスれば大逆転のチャンスはあります。

42...Kg8。相手はミスってはくれません。ここは 43.Rxg7+ Rxg7 44.fxg7 Kxg7 しか考えていませんでした(ちなみに、ルークを交換せず、ポーンだけ交換するのが正解だったようです)。

問題はドローにできるのかどうかです。白のポーンがなければ、黒勝ちなのは知っていました。端のポーンのプロモーションのマスがビショップと同じ色ならビショップを持っている側が勝てるというパターンです。では、私が h2 にポーンを持っていることで状況は変わるのでしょうか?分からないので指し続けました。

出来ることならば自分の番を飛ばしたい状況。つまり、ツークツワンクです。ここでリザインしました。
-----

5ラウンド目。黒。N君。Queen's Indian。


このオープニングは経験が浅い上に研究もほとんどしていないので、どういう場合に ...d5 が良くてどういう場合に ...c5 が良いのか分かりません。ここはコンピュータは 6...d5 よりも 6...c5 の方が良いと言ってます。


思い込みとは恐ろしいもので、ここはコンピュータに指摘されるまで 12...Nxe7 が出来ることに気付いていませんでした。そもそも、11.Qa4+ が来た際、11...Ne7 で防御するのは嫌だと思いました。なぜなら、この f6 のナイトは ...Ng8-f6 経由で来たものではなくて、...Nb8-e7-f6 というルートで来たナイトなので、直前にいた e7 に戻るのは悔しいと思ったからです。そうして、11...Ne7 によるブロックを候補からはずした結果、12...Nxe7 という候補手も無意識に消去されていました。


マイナーピースがさくさく交換された後、ここで白からドローオファー。本来はまだ戦うべき局面だと思いつつも受けました。なぜならば、私(0.5ポイント)はポイント的に単独最下位であり、万が一負けたら次は強制BYEになるのがほぼ確実だからです。そんなリスクを冒すよりもここはポイントを稼いで強制BYEを避けることの方が大事。